エルグランドで行く、大分・湯布院の旅!|レンタカーの予約なら日産レンタカー

ドライブ体験記

エルグランドで行く、大分・湯布院の旅!

フェアレディZで海沿いドライブ!
出発:
福岡空港店
行先:
湯布院・別府
  • 東京から飛行機で約2時間。福岡空港店にてエルグランドを借りました!大分方面は雪なのでスタッドレスタイヤ仕様のものを選びました。大きくてゆったりしたシートが特徴です。

  • 大分自動車道を通って湯布院を目指します。福岡空港だと東京との便数も多く、利便性が高いのでとっても安心です。大分自動車道は九州の山々を抜けていくので、開放感は抜群。山道をスイスイと運転していきます。

  • 今日のお宿「名苑と名水の宿 梅園」に到着しました。小高い丘の上にあるので、悠然とした由布岳を一望することができます。

  • 大分といえば、豊後牛(ぶんごぎゅう)ですね。脂がちょうどよく乗っていて、食べ応え十分でした!

  • 宿舎から少し歩いたところに露天風呂があります。広々とした露天風呂からは晴れていると由布岳を見渡すことができました。

  • 翌朝、車に雪が積もっていました。黒色のボディに雪が映えて、かっこいいですね!思わず後ろにうっすら見える由布岳と一緒にパシャリ。

  • エルグランドのデザインで一番気に入っているのが、このフロント部分。中央に伸びる横のラインに凛々しさを感じます。

  • 2日目は県道11号線を走って、別府市内まで行きます。由布岳は、標高が1584mあり、双耳峰を持つ美しく荘厳な姿から「豊後富士」と呼ばれているそうです。

  • 県道11号線沿いには狭霧台という展望台があります。由布岳のふもとに位置しており、湯布院盆地を一望できるスポットです。

  • 冬の山々に囲まれた湯布院盆地は格別です!県道11号線は、走行の楽しいワインディングになっており、別府までに行く道も十分に楽しむことができます。

  • 別府市内に到着し、地獄めぐりの一つ、血の池地獄を訪れました。1300年以上前から存在する日本最古の天然地獄で、昔から布や木材の染色に使われています。池の周りは暖かく、湯気が立ち込めていました。

  • 次は、竜巻地獄です。別府市の天然記念物にも指定されている貴重な間欠泉です。多くの観光客がその吹き出す瞬間を今か今かと待っていました。

  • 市内観光に一区切りがついたので、昼食。ここは「天水」という回転寿司のお店です。とっても新鮮なお魚を食べてエネルギーチャージです!

  • 市内には、地獄めぐりの他にも、別府の海山を一望できる別府タワーがあります。実はこの別府タワー、日本で3番目に立ったタワーとして歴史が古く、東京タワーよりも古いんです!

  • 一通り別府市内を観光した後は、県道11号線を通って、湯布院に戻ります。メンバー5人と荷物を載せて楽々走ってくれるので疲れることなく運転することができます。

  • 湯布院周辺の道路には雪がまだ残っていました。高低差のある道を走っていたので、スタッドレスタイヤの重要性をより一層感じました。

  • 本日の宿、「亀の井別荘」に到着しました。湯布院温泉御三家と言われるこのお宿は、広大な敷地に離れや図書室、バーなどがありゆったりと過ごすことができました。

  • 3日目はチェックアウト後に隣接している金鱗湖を訪れました。湖底から清水と温泉が湧いていると言われ、年間を通じて水温が高いため所どころ湯気が立ち上っていました。

  • 途中でSAに立ち寄り、早めの休憩を取りながら福岡まで戻ってきました。車を借りていたので、自由気ままに行きたいところを巡ることができました!